2019年1月 1日 (火)

Effect

【お知らせ】

最新刊『かきのたね』・『太田基之傑作短編集』 

小学館ビッグコミックスより発売中。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【単行本】

『かきのたね』(小学館 ビッグコミックス)→□□□ kindle版あり

『太田基之傑作短編集』(小学館 ビッグコミックス)→□□□ kindle版あり

『高梨さん 世話を焼く』(小学館 IKKI COMIX)→□□□

『収穫の日は近い』(青林工藝舎)→□□□

『高梨さん 近所へ行く』(小学館 IKKI COMIX)→□□□

『高梨さん』(小学館 IKKI COMIX)→□□□

『東京アサイラム』(小学館 IKKI COMIX rare)→□□□ Kindle版あり

【その他】

『アックスvol.91』(青林工藝舎)→□□□

『漫画雑誌 架空』vol.1~15(セミ書房)→□□□

『ユースカ 』創刊号、4号、5号(ジオラマブックス)→□□□

『ドラマ 高梨さん』(NHKワンセグ・Eテレ)→現在再放送・ソフト化の予定はありません。

Img003


ご意見、ご感想、仕事の依頼等は下のほうにある「メール送信」のところからお送りください。

2018年12月 1日 (土)

単行本の試し読みがこちらのサイトで出来ます。

『かきのたね』→■■■

『太田基之傑作短編集』→■■■

『高梨さん』シリーズ→■■■

『東京アサイラム』→■■■

『収穫の日は近い』→■■■

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最新記事はこの下からです。↓

2017年10月21日 (土)

アックスvol.119

Img_1388

『アックス』119号「特集 つげ義春」にコメントを寄せています。カッコイイ表紙。

青林工藝舎から10月25日ごろ発売です。

2017年10月 5日 (木)

10月

3

10月になりました。え、まだ暑いの?と思っていたらようやく寒さを感じるくらいになってきました。イヤだねえ…。コタツの導入は毎年11月ですが、その前に片づけ・掃除をせねばなりません。

今年もあと3か月。買うだけ買って積ん読状態の本を消化していきたいなと思っています。

2017年9月 4日 (月)

9月

4_2
・8月の残暑が厳しかったけれど9月に入ったらスーッと涼しくなってしまった。とてもラク。メダカの鉢に入れるため初夏に2株買ったホテイアオイが大繁殖して手に負えなくなってしまいました。とりあえず余分なやつは金盥に水を張って浮かべてあります。

・夏のあいだ、寝る前にDVDでドラマ『北の国から』を観ていました。だいぶ前に一通り観たはずなのですが、いわゆる名場面、みんなが語ったりモノマネしたりするシーン以外全く覚えておらず初見のように楽しめました。最近そういうことが多いのでアタマが心配です。レギュラードラマ版に続くスペシャル版では毎回子供たちがいきなり成長していて驚く。「大きくなったな~…」と親戚のおじさんみたいな気分です。

2017年8月19日 (土)

アックス vol.118

Horu

8月24日発売のアックス vol.118に「ディスカバリー」というタイトルの短編が掲載されています。

2017年7月19日 (水)

暑中お見舞い申し上げます

Sum

毎日暑い。

梅雨が明けたそうで、そのためかどうか知らないけれど、今朝から蝉が激しく鳴き出しました。

2017年7月 4日 (火)

7月

1
・梅雨はまだ明けてないみたいですが、とっくに夏真っ盛りで毎日暑い。「なんにせよ寒いよりはマシ」と考えてはいるけれど、ちょっとバテ気味です。台風が近づいてきたので窓を閉め切り余計に蒸し蒸し。この夏最初の試練です。

・散歩の途中、川原に行っては石を投げているんですが、夢中になって延々やり続けてしまう。傍から見れば、イイ大人がひとりで何やってんだというかんじなのでしょうが、楽しいんだから仕方がありません。

・カブトムシはサナギが続々と成虫になっています。

2017年6月12日 (月)

豊橋 他

Nanba_boy

・古泉智浩&枡野浩一『本と雑談ラジオin豊橋』の観覧のため久しぶりに豊橋まで足を延ばす。豊橋に着いたらまず買わなければいけないのは、駅の構内で売っている「チーズあんまき」です。最高に美味い。今回の催しに間に合わすために溜まっていたポッドキャストを10回分ほどまとめて聴いてようやくリアルタイムに追いついた。こういうことでもないとなかなか消化しきれない。

会場は味のある古い商店街の一角で、豊橋にこんなとこあったのかと驚く。トークの内容は二人で5冊ずつ、計10冊の本を紹介していくという趣向で、脱線脱線の3時間を超える長丁場だったけれど、面白くてあっという間だった。悪口部分は特に盛り上がる。自分は俎上に挙がった10冊中5冊を読んでいたけれど、「読んだ」ということしか覚えていないものも多いので、これを機にあらためて再読してみたい。トーク終了後の枡野氏の自著の宣伝口上は圧巻で、日本中まわりながら街頭で叩き売りをすれば、日々の糧が稼げるのではないかと思わせる、催眠商法顔負けの迫力あるものでした。

・カブトムシの幼虫、掘り返してみるとサナギになっていた。サナギ期のある完全変態の昆虫ほど不思議な生き物はない。真空パックでずっとそのまま飾っておきたいくらいだ。

・画像のイラスト、色を着けながら「ん?」と思ったら、左右の手足が同時に出ていた。ま、ナンバ走りということで…。

2017年6月 1日 (木)

6月

Img_1119

6月に入りました。月に一度くらいはブログの更新をしたいものですが、なんでしたいのだろうか?と考えてみると、特に理由はない気もします。しなくていいのかも…。

5月は「夏か…」というぐらい暑かった。6月はどうなんでしょうか。何にせよ寒いよりはマシというのが気候に対する私の基本姿勢です。

越冬したメダカが勢いよく餌を食うようになってきた。去年は産んだ卵がたくさん孵って手に負えなくなってしまい、だいぶ川に放してしまいました。今年はどうだろうか。

画像はだいぶ昔に買ったTシャツの胸にあるプリントです。たしか90年代前半ぐらいに原宿のムラサキスポーツで買ったもので、今でも時々家で着ている。最近出た『捨てられないTシャツ』という本があって、まだ読んでないけど面白そうなのですが、自分のは「捨てられない」というほどの思い入れがあるわけでもなく、ただ単に「捨ててない」というだけで普通に現役です。

«『架空』通販